=ファッションメンテナンスショップ『洗門館ふるかわ』です。=
  
シミ抜きからリフォーム&補修、クツ・カバンのお手入れなど、ご相談ください。
                                          
当店ホームページはこちらから

2010年01月11日

勉強会…の後で

昨日は、大阪からお越しいただいて隔月で開催している勉強会の2010年初回でした。

自分の携わっている業種の位置づけを再確認し、よりお客様にとってのご利用していただきやすくするためには

何ができるか…

年頭からしっかり考えさせられました。


昨年から温めていた、自分の今年実施するリニューアル計画案に

みなさんから意見をいただきました!

さらにお客さまにとって便利な店になるように、もう少しプラスな方向に計画変更です!


夜は、お待ちかねの新年会です。

泊りだったので、力いっぱい飲みました(笑)

20100110.JPG

この会では、二回目ですが、

旧家を改装したお店で、安くておいしいです。

2時間飲み放題のコースで、

飲み放題し過ぎました!!(笑〜)


で、今朝早々に帰宅して仕事しております…


『ゆっくりしてくればええのに』


と、おふくろに言ってもらいましたが

気になってしまって… 


一緒に泊まっている八百津町の相方に

これからモーニングコール♪です。
posted by smkmaster at 09:11| Comment(2) | TrackBack(0) | クリーニング全般
この記事へのコメント
日本に帰ってきてもう20年経ちますが、いまだに慣れないのが、洋服の使い捨てです。
1シーズン着たら、次のシーズンにはもう捨ててしまうということが多いように見受けられます。
確かに流行り廃りがあり、1年も経ったら、とても着れたものではないデザインであったり、安価で買いやすいものが沢山出回っていますから、ついつい買ってしまうのも解るのですが、その分、縫製が甘かったりで結局1シーズンも持たない物さえ出てきているように感じます。
だからというわけではありませんが、クリーニングに出してメンテナンスするよりは、どんどん新しいファッションで使い捨てにしていったほうが、そこそこお金はかかるけど楽しいし、楽だ。

という感じなんでしょうか?

これじゃぁいけないだろう?って思うのですがね。

こんなことを言い始めるのはオバサンになったということかしら?
Posted by CK-chan at 2010年01月11日 20:42
CK-chanさん、

私が補修やリフォームに取り組みだしたのは、
「良いものやお気に入りを永く着たいけど、直してくれるところが無い」
とお客様から言われたことがきっかけです。

やりはじめると、良いものやお気に入りなんだから、直す方も出来る限りお応えできる仕上がりにしなければ…と今に至っております。

補修やリフォームに取り組むと、直してでも着ていただけることがうれしかったりします。

トータルで考えれば、クリーニングもシミ抜きもリペアも同じメンテナンスなので、洋服を生き返らせる(大げさですかね…)ことによって、また着られるようにすることができれば、服にも着る人にも喜んでいただけるかなと思っています。

的外れな内容でしたらスイマセン(汗)

Posted by smkmaster at 2010年01月11日 21:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/34674568
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック