=ファッションメンテナンスショップ『洗門館ふるかわ』です。=
  
シミ抜きからリフォーム&補修、クツ・カバンのお手入れなど、ご相談ください。
                                          
当店ホームページはこちらから

2011年02月05日

いい話…

『人の心に灯をともす』 より転載させていただきます。


**********************************************************


致知出版社長藤尾秀昭氏の心に響く言葉より…


新潮社を創業した佐藤義亮(ぎりょう)氏に、浅草で商いを手広く営む知人があった。

ある晩、その人の店が全焼した。
翌日、佐藤氏が見舞いに駆けつけると、なんと、知人は酒盛りをして騒いでいるではないか。
気が触れたか、とあきれる佐藤氏に、知人は朗(ほが)らかに言った。

「自棄(やけ)になってこんな真似をしているのではないから、心配しないでください。
私は毎日毎日の出来事はみな試験だ、天の試験だと覚悟しているので、
何があっても不平不満は起こさないことに決めています。

今度はご覧のような丸焼けで、一つ間違えば乞食(こじき)になるところです。
しかし、これが試験だと思うと、元気が体中から湧いてきます。
あなたもぜひ一緒に飲んでください」

その凄(すさ)まじい面貌(めんぼう)は男を惚(ほ)れさせずにはいられない、と佐藤氏は言っている。
知人は間もなく、以前に勝る勢いで店を盛り返したという。

運とツキを招き寄せる法則は古今に不変である。

『月刊 致知』(致知出版社)2011年3月号より



人はみな何回も生まれ変わるという、輪廻転生(りんねてんしょう)という考え方がある。
アメリカでは、これをリーンカーネーションというが、あらかじめ自分の解決すべき課題を持って、
この世に生まれ変わってくるというのが、輪廻の考え方だ。

今生では、自分の課題を克服するのにふさわしい、
両親や兄弟、家庭環境、社会環境を自ら選んで生まれてくる。
だから、次々起こる問題も、自分が計画し、作った試験問題。

自分が作った試験問題に、文句をつけたり、愚痴を言ったりするのは滑稽(こっけい)だ、
と思ったとき不平不満はなくなる。
他人やまわりのせいだと思っているから、文句を言うことができる。

人は、深く諦観(ていかん)したとき、様々な困難を乗り越えることができる。

諦観とは、あきらめることだが、投げやりで捨てばちな「あきらめ」ではなく、
「仕方なし」、「やむを得ず」と肯定的に納得すること。

次々とやってくる難問や困難を、「これは、自分で作った試験だ」、と心から諦観し、
「ああ、なるほど、そうだった」と深くうなずく。

やってくる様々な問題を、天の試験と思うもよし、己が作った試験だと思うのもいい。
人やまわりのせいにせず、にっこり笑って受け止める人に、運とツキはやってくる。

**********************************************************


深い… こう思える心を持ちたいものです。


posted by smkmaster at 08:26| Comment(0) | TrackBack(0) | プライベート
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43241953
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック