=ファッションメンテナンスショップ『洗門館ふるかわ』です。=
  
シミ抜きからリフォーム&補修、クツ・カバンのお手入れなど、ご相談ください。
                                          
当店ホームページはこちらから

2013年02月25日

中を見るとよくわかります…

寒い寒い週末が明けましたね!


…ってか今日もめちゃ寒ですが(; ̄ェ ̄)


2月最終週もがんばりましょ〜( ̄▽ ̄)



今回ご相談いただいたブランドスーツ、


生地が伸びたような縮んだような…


なんとかなりますか??



D&G-JK mainte1.jpg

たしかに袖口と背中の裾回りが波打ってますね。


生地が変になってしまったように見えるのもうなずけます。


これをアイロンで何とかしようとしても、

かえっておかしくなってしまうだけなんです。



実は原因は中にあるんです。


裏地を解いてみると…なるほど!やはりな( ̄ー ̄)ニヤリ


D&G-JK mainte3.jpg

D&G-JK mainte2.jpg

張りを持たせるために芯地が貼り付けてあるんですが、

その芯地に問題がありました!


まずは袖口…

使用されていた不織布素材の繊維が絡み合ってフエルト状になって縮んでいます。

これが表の生地に影響を与えています。


そして裾回り…

こちらは芯地を貼りつけるための接着樹脂が劣化しています。

一部は硬く硬化してますし、硬化していない部分も樹脂が弱っています。

クリーニングの洗浄によって剥がれた芯地が、

プレス時にズレて貼りつくために生地に影響が出ていたんです。

硬く縮んでいる部分は生地を無理に縮めています。


芯地を剥がしてちょっと蒸気を掛けるだけで

生地は自然と元に戻りました。

D&G-JK mainte4.jpg


見た目で生地が伸縮したとするか…

構造上の原因がイメージできるか…


お客様にも洋服にも喜ばれるようになりたいと思います。



『郡上でGood Jobなクリーニング屋』


な当店へ!


洋服の型崩れの修正はおまかせ下さい!





posted by smkmaster at 13:12| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術・加工
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/62891358
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック