=ファッションメンテナンスショップ『洗門館ふるかわ』です。=
  
シミ抜きからリフォーム&補修、クツ・カバンのお手入れなど、ご相談ください。
                                          
当店ホームページはこちらから

2013年03月04日

衿の返し方って…

さぁ、もう3月に突入ですね〜!


巷では色んな物が飛散している報道等がなされておりますが、

わたくしの鼻に敏感にといいますか、過剰に反応を始めたのが


花粉!!


英語で言うと Pollen!!



ま、英語にする必要はありませんけどね(笑)



今回は、ときどきお客様から頂くご質問から…


三つボタンスーツなのに衿のアイロンがおかしくないですか?


他店さんに出されたスーツを持ってこられることもありますし、

購入されて初めてクリーニングされるときにも


このボタンの所に折り目をお願いします!


と要望されることもあります。



一般的な三つボタンスーツの2種類のタイプの写真をご覧ください。


まずは、

3buttons2P-1.jpg

3buttons2P-7.jpg

第一ボタンのボタンホールの表と裏ですが、

縫い方に違いがあることにお気づきいただけますでしょうか?


表側の縫い方が裏側と違ってチェーンのようになってますね。



今度は別のタイプの三つボタンスーツです。

3buttons2P-4.jpg

3buttons2P-8.jpg

これは裏側がチェーンのようになっています。

第一ボタンは掛けずに、衿と一緒に返して裏側を表に見せるためです。

アメリカンスタイルに多いです。


これがいわゆる 「段返り」 というタイプで、


英語で言うと Rolling Down !



ま、あえて英語にしてみました(笑)


このボタンホールの縫い方を見ると衿の返し方がわかりますよ。


とご説明させていただいております。


たかが衿の返し…

されどこれも着こなしのひとつ…



『郡上でGood Jobなクリーニング屋』


な当店へ!


お洒落なプレスはおまかせ下さい!




posted by smkmaster at 16:33| Comment(0) | TrackBack(0) | 技術・加工
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/63317709
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック